マネキンへの道。
今までBC『剣闘士の得物』でマネキンヘッド、『天鳴地響』でマネキンハンズを手に入れ、フレからマネキンレッグズとマネキンフィートを格安で譲ってもらいましたので、後はマネキンボディを手に入れればマネキンパーツが全て揃うことになりました。
これはBCいくしか!…買うのはもったいないし。
ということで、特に興味なさそうなLSメンも拉致して獣人印章20枚クラウディオーブ、ワールンの祠の『甲殻小隊』へ行ってきました。
通称カニBC。レベル制限は20の3人BCです。ここはマネキンボディが100%ドロップらしいですので。
パーティ構成は忍者/戦士が2人と赤魔導師/忍者が1人。
自分は忍者で出撃です。







敵はHeavy Metal Crabというボスが1匹とMetal Crab という雑魚が2匹です。
寝ないし、魅了できないので1匹を2人で殴っている間、残りは1人がマラソンして引き受けます。
ボスの攻撃は常時ブラッドウェポンでHPを吸収し、一度攻撃されればほぼ体力が全快してしまいます。
またボスは魔法を使いウォタガなども撃ってくるのでサイレスを切らさないことも重要です。
そしてなによりここのBCの特徴はダメージが全て1か0しか与えられないこと。
そのため手数を多くすることが重要になります。

とにかく攻撃は食らわずに攻撃を数多く当てることが重要なので装備は回避にプラスに着いているものを主にチョイスします。
武器はフレイムソード(時々追加ダメージ)と傭兵のナイフ。
本当はエンチャント:エンファイアのバルカンソードがあるといいらしいのですが競売に在庫がなかったので諦めました。
赤魔導師は短剣を2本もちエンサンダー。これで二刀流+エンダメージで1回の攻撃で4ダメージ与えることができます。
そう、ここでの赤魔導師は回復役ではなくメインのアタッカーなのです。
アイテムはハイポーションを何個か持って行き、いざBCへ。



BCに入ったら強化魔法、空蝉を張り、マラソン役の忍者がボスに挑発して戦闘開始。
マラソン役に3匹のカニが群がりますので立て役の忍者が雑魚を1匹挑発で引っこ抜いてBCに通じる通路で叩きます。
赤魔導師はボスにサイレスだけ入れたら盾役の忍者とともに雑魚を殴ります。
与えるダメージは多くても忍者は一度に2、赤魔導師は一度に4のダメージしか与えられませんが雑魚のHPは20くらいしかないのですぐに沈みます。
倒したらまたマラソンしている雑魚を1匹引き抜いて通路で殴る。


おっ、結構楽勝かも。

マラソン役のHPには注意が必要なのと、サイレスを切らさないようにすることにすればかなり簡単です。
3人でボスに殴りかかれば後は勝利目前


かと思った矢先、赤魔導師が弱体、マラソン役のHP回復、与ダメージでヘイトを稼ぎすぎ(?)タゲが剥がれずあっさり死亡。
残った忍者2人で削っていくもメインアタッカーを失ってHPの減り具合が遅い…。
ウォタガなどで空蝉を剥がされ被弾するとHP吸収されてボスの体力全快…。



なにげにピーンチ!



忍者2人でこつこつ削り、空蝉の消費具合を見ながら挑発してタゲ回し。
ウォタガ来たら相手の攻撃がミスることを祈りつつ空蝉の張りなおし。
ダメージの回復はパイポーションのみ…。

なんどかHP吸われてやり直しになりながらやっと撃破ー!





その後の2戦は緒戦の教訓を生かし安定して勝利。
b0046601_13252822.jpg

3人揃ってマネキンボディを手に入れることができました。

マネキンボディ以外のドロップ品はたいしたものはなかったです。そういうBCみたいです。



すべてのマネキンパーツを手に入れた自分は早速モグハウスからパーツを引っ張り出し一路マウラヘ。
パーツをクエストのNPCエプロンミスラに渡し、さあ!マネキンをくれたまえ!
















あ、リアルで0時越えないとくれないのね。



まぁ、ともかく夜中にはエルヴMマネキンを手に入れることができました。
b0046601_1325361.jpg

・・・・・・・





見た目はともかく収納+7は結構便利です。
[PR]
by shigezou17 | 2005-06-08 13:25 | FF11 BC
<< 髯合戦。 数ヶ月ぶりの空活動。 >>